読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコぐらし 〜mu-channel〜

猫好きの方へ、ほっこりのおすそわけ。

世間はほんとに狭い

土曜日、久しぶりに学生時代の友達に会ったときのこと。

私と主人と、同級生の女の子と後輩の男の子の4人で集まりました。学生時代の同じサークル仲間です。
現在同じ県内に住んでいて、集まろうと思えば集まれる距離なんですが、なかなか機会がなく、今回およそ2年ぶりに集まりました。
きっかけは、女の子からの結婚が決まったという連絡からでした。

当日、みんなが揃い乾杯をしたあと、女の子の旦那さんの話になりました。もう入籍はしたんだよーと言うので…


私 「そうだ、名字は何になったん?」
Aちゃん「◯◯っていう名字なんやけど、こういう漢字書くの」
私 「へー!珍しい名字やね!年はいくつ?」
Aちゃん「私の4つ上ー」
主人「どこに勤めてるの?」
Aちゃん「△△会社だよー」
主人「お、後輩と一緒の会社じゃん」
後輩「もしかして、□□部門…ですか?」
Aちゃん「うん、えっ、なんで知ってるの…?」

後輩「僕の…直属の上司です…!」



もー、本当にびっくりでした。
後輩くんの勤めている会社は県内で1,2を争うとても大きい会社なので、同じ会社だということにはみんな大して驚かなかったのですが。
同じ部署って…しかも直属の上司って…

本当に、世間って狭いなぁ…と改めて感じました。

ちなみに後輩くん曰く、旦那さんはその部署に異動してきて間もないため、まだ自分のことを知っているかどうかもわからず、「奥様のこと知ってますよ」と突っ込めない、どう対応したらいいかわからないと悩んでいました(笑)




さてさて、本日のむーさんは


外の方を向いたままじーっとしていたので、カーテン越しに何か見てるのかなぁと思って近付くと…




あ、瞑想中でしたか。
失礼しましたー



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ